• 每日一句
  • 今日66折
  • 天天BUY
TPP─日台加盟の影響と展望
  • 定價:660
  • 優惠價:9594
  • 本商品單次購買10本85折561
  • 運送方式:
  • 臺灣與離島
  • 海外
  • 可配送點:台灣、蘭嶼、綠島、澎湖、金門、馬祖
  • 可取貨點:台灣、蘭嶼、綠島、澎湖、金門、馬祖
載入中...
 

內容簡介

  本書是2016年10月22日由國立臺灣大學日本研究中心與財團法人中華經濟研究院日本中心假臺灣大學應用力學館國際會議廳舉辦「跨太平洋夥伴協定(TPP)論壇-台日加盟的影響與展望」,發表者在論壇結束後,依據發言內容改寫成文章,作為會議紀錄,並經外審編輯而成。

  TPP縮小版的CPTPP大致維持原先TPP高品質、高標準、涵蓋範圍廣泛的大型自由貿易協定的精神。雖然CPTPP改由日本所主導,即使美國退出,但是CPTPP作為捍衛自由貿易精神、防制貿易保護主義擴散、避免低標準自由貿易協定興起的防波堤,在重建自由貿易主義新秩序方面,仍具有積極的意義。尤其是全球FTA大型化的趨勢已經形成,而目前也有多國表明加盟第二輪CPTPP的意願,美國也不排除重新加盟的可能性,CPTPP的後續發展值得關注。

  2016年10月召開論壇時正值TPP達成協議,本書因此是根據TPP即將成立的前提來撰寫。雖然之後局勢改變,美國獨自退出,但是CPTPP在一年多之後的2017年11月,由美國除外的11個成員國於越南發表聯合聲明,宣佈就核心議題達成共識。

  本書依據評審意見,部分強化CPTPP論述。CPTPP的影響力雖然不及TPP,但是它高標準的FTA精神並沒有改變。閱讀本書也可以達成「他山之石可以攻錯」的目的。尤其是本書作者們均是研究此一領域的一時之選,這也是本書最重要的價值。

  本書は2016年10月22日に国立台湾大学日本研究センターと財団法人中華経済研究院日本センターが台湾大学応用力学館国際会議庁を借りて「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)フォーラム-日台加盟の影響と展望」を開催し、発表者がフォーラム終了後、発言内容に基づいて文章を執筆し、フォーラムの記録とするとともに、外部審査を経て編集したものである。

  2016年10月のフォーラム開催当時はちょうどTPP交渉が合意に達した時期で、そのため本書はTPPが近く成立することを前提に執筆された。その後情勢が変化し、米国が単独離脱したが、一年余り後の2017年11月にCPTPPが米国を除く11のメンバー国でベトナムにおいて共同声明を発表し、中心議題でコンセンサスが得られたことを宣言した。

  本書は審査の意見を基に、CPTPPの論述を一部強化した。CPTPPの影響力はTPPには及ばないが、高いレベルのFTAの精神は決して変わっていない。本書を読めば「他山之石可以攻錯(他山の石、以って玉を攻むべし)」という目的が達成できるだろう。特に本書の執筆者は皆この分野の研究における最高の人選であり、これが本書の最大の価値である。

 
 

作者介紹

編者簡介

蘇顯揚(ソ ケンヨウ)


  日本京都大學經濟學博士、中華經濟研究院國際經濟所研究員、中華經濟研究院國際經濟所所長。現任中華經濟研究院日本中心總顧問、國立臺灣大學兼任教授。主要研究領域為日本經濟、總體經濟、產業經濟。著有《東アジアの産業集積-地域発展と競争、共生》(共著、学術出版社、2010年11月)、《日本アベノミクスの概要とその影響》(共著、財団法人外貨市場発展基金会、2014年)、《東アジア情勢の変動とアベノミクスの影響》(共著、台大出版中心、2015年12月)等。

  京都大学経済学博士、中華経済研究院研究員、国際研究所所長を経て、現在中華経済研究院日本センター総顧問、国立台湾大学兼任教授。主要な研究分野は日本経済、マクロ経済、産業経済。著書に『東アジアの産業集積-地域発展と競争、共生』(共著、学術出版社、2010年11月)、『日本アベノミクスの概要とその影響』(共著、財団法人外貨市場発展基金会、2014年)、『東アジア情勢の変動とアベノミクスの影響』(共著、台大出版中心、2015年12月)ほか。

 
 

目錄

序章 自由貿易の挑戦/蘇顯揚
第一章 TPPの意義と今後の展望―FTAAP構築に向けて―/菅原淳一
第二章 TPPの前途及び台湾にとっての意義/李淳
第三章 TPPの動向と日台EPAの可能性について/鈴木英夫
第四章 国際貿易の政治的構造とTPPの行方―日本産業界へのインパクトー/渡邊頼純
第五章 中韓FTAが日本.台湾に与える影響―対中輸出への影響を中心に―/伊藤信悟.宮嶋貴之
第六章 TPP加盟による台湾農業セクターへの経済的影響の分析/張瑀倢・張静貞.徐世勳
終章 自由主義の新たな秩序の再構築/呂慧敏.蘇顯揚

参考文献
付録 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定フォーラム日台加盟の影響と展望(プログラム)
人名索引
事項索引
編集者略歴
執筆者略歴


 
 

詳細資料

  • ISBN:9789863503491
  • 叢書系列:日本學研究叢書
  • 規格:精裝 / 264頁 / 15 x 21 x 3.7 cm / 普通級 / 單色印刷 / 初版
  • 出版地:台灣
 

內容連載

序章 自由貿易の挑戦(抜粋)
 
蘇顯揚(中華經濟研究院日本中心總顧問)
 
200年前の1817年にイギリスの経済学者リカード(Ricardo, 1772-1823)は「比較優位の原理(Law of Comparative advantage)」を提唱し、それが貿易理論の最も基本的な概念となった。リカードは古典派経済学者の中で最も影響力のある人物の一人ともなっている。彼の理論の柱は、一国は自国が比較的有利な商品の生産に専念し、国際貿易を通じて自国が比較的不利な商品と交換すれば、双方に利益があるというものである。これは分業の概念であり、分業も生産効率を高めることができ、産業チェーンを形成するという概念である。スマートフォンの国際分業が明確な事例である。

最近瀏覽商品

 

相關活動

  • 布赫迪厄《學術人》把學術圈裡不能說的都說出來了!
 

購物說明

若您具有法人身份為常態性且大量購書者,或有特殊作業需求,建議您可洽詢「企業採購」。 

退換貨說明 

會員所購買的商品均享有到貨十天的猶豫期(含例假日)。退回之商品必須於猶豫期內寄回。 

辦理退換貨時,商品必須是全新狀態與完整包裝(請注意保持商品本體、配件、贈品、保證書、原廠包裝及所有附隨文件或資料的完整性,切勿缺漏任何配件或損毀原廠外盒)。退回商品無法回復原狀者,恐將影響退貨權益或需負擔部分費用。 

訂購本商品前請務必詳閱商品退換貨原則 

  • 2019柿子文化全書系展,7折起
  • 滿額限量贈妖館妖魔版PP資料袋
  • 【2019高寶X新經典年度暢銷展】參展書66折起

訂閱電子報

想獲得最新商品資訊,請訂閱免費電子報