• 今日66折
  • 天天BUY
年度百大

反省記 ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕が、ビジネスの“地獄"で学んだこと

反省記 ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕が、ビジネスの“地獄"で学んだこと

  • 定價:784
  • 優惠價:752
  • 抵用購物金最多再省$226 詳情
  • 運送方式:
  • 臺灣與離島
  • 海外
  • 可配送點:台灣、蘭嶼、綠島、澎湖、金門、馬祖
  • 可取貨點:台灣、蘭嶼、綠島、澎湖、金門、馬祖
載入中...
  • 分享
 

編者的話

**到貨說明:此為客訂商品,讀者訂購後,商品將於21日工作天左右到貨。(以上預計到貨時間不包含假日且僅供參考,請以博客來寄發的取貨通知信函為準)

「何がアカンかったんやろ?」

ビル・ゲイツが認めた
「伝説の起業家」が明かす
成功と失敗の秘密!

ビル・ゲイツとMS‐DOSを開発したほか、Windowsへの布石を打つなど、マイクロソフト帝国の「礎」を築いたが、その後、袂を分かって日本に帰国し「アスキー」の社長になった西和彦氏。現在は、東京大学大学院でIoTに関する研究者として活躍している。

その人生は波乱に満ちている。世界の最先端を走り、日本のIT業界を牽引したと言っても過言ではない、大きな業績を残したが、一方で、アスキーの資金難、創業メンバーとの訣別、役員・社員の造反、アスキー社長からの陥落など、数多くの挫折も経験。ビジネスの「天国」と「地獄」をくぐり抜けてきた稀有な人物である。

本書は、その西和彦氏が、「天国」と「地獄」の裏側を明かしつつ、「何がアカンかったのか」を真摯に反省したもの。ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブス、中山素平氏、大川功氏、稲盛和夫氏、孫正義氏など、超大物たちと織り成したリアル・ビジネスの裏舞台を綴りながら、「成功」と「失敗」の秘密を語り尽くした一冊だ。これほど赤裸々で、切実な反省を記した経営者はかつていないだろう。

【目 次】

序章 遭 遇
「感動」がすべての原点である/1970年代に始まった「革命」/ビル・ゲイツが受けた「衝撃」/二人の天才は「何」をやったのか?/ビル・ゲイツに、いきなり「直電」した/僕がビルに頼みたかったこと/僕は絶好のポジションにいた/わずか3ページの「ファミリー」の契約書/すでに齟齬は内在していた

第1章 萌 芽
僕の人生を支配する「宿命」/「創意工夫」で人に喜ばれる体験をした/「チゴイネルワイゼン」と「エンジニア」/『週刊プレイボーイ』がもたらした情熱/150万円の「電子レンジ」を壊して学んだこと/新しいものをつくる「組み合わせ発想法」/「計算機」×「タイプライター」/とめどなく広がる「未来社会」の妄想 /〝学校ズル休み〟で開いた「扉」/「興味のある場所」に行くだけで、人生は自然に拓ける

第2章 武 器
「成績が悪いのだから、このIQはおかしい」/218人中、ピッカピカのビリ! /大切なものが打ち砕かれたような「挫折」/僕は、一瞬で「決断」をくだした/72時間ぶっ通しで考え続ける「集中力」/「挫折」が人間を強くする/僕がはじめて手に入れた「武器」

第3章 船 出
図々しくいけば、面白がられる/これって「自分の仕事か?」と考えた/「モノ」をつくってお金になるのは楽しい/ガレージ会社の「限界」を痛感した/はじめて「雑誌」を立ち上げる/僕がどうしても譲れなかったもの/「大喧嘩」と「感謝」 /「仲間が平等な会社」をつくろう

第4章 ゲリラ
「狂気」の創刊劇/「当たってくだけろ」で道は拓ける/「満員電車」のなかで働く/「仮説」こそが人生を導く/「持たざる者」はゲリラ戦しかない/ビジネスの「善」と「悪」/機動性こそ、ゲリラ「最強の武器」である/僕たちは「追い風」の中にいた/雑誌、単行本、そしてソフトウェア/アスキーを育てたのは誰か?

第5章 進 撃
「完成品のイメージ」を売り込む/さりげない「脅し」も必要だ/「通信機能」を搭載した初のパソコン/空前の大ヒットを記録した〝デビュー戦〟/「営業マン」と「開発者」の二重生活/遊びのような「仕事暮らし」/大社長が「若造の話」に耳を傾けた理由/僕は「ソフト」ではなく、「ビジョン」を売っていた/「人脈」がもたらす「情報」こそが力の源泉/「人脈」をつくる最も簡単な方法/「インテル」にヘリコプターで乗り付けた?/低姿勢に、だけどしたたかにやる

第6章 伝 説
知らないうちに「伝説」は始まっていた/「同じもの」と「うんといいもの」のどちらがいい?/発表会に現れた外国人ビジネスマン/IBMの密使、現る/僕たちは「重大な決断」を迫られた/「やるべきだ! 絶対にやるべきだ!」と叫んだ/目的のためには「プライド」も捨てる/「運命」を分けたのは何だったか?/残酷な〝女神〟との付き合い方

第7章 開 拓
人間には「独りで考える時間」が必要だ/「予定された偶然」を生み出す/稲盛和夫氏に「雲の上」で売り込む/デザインを中心に据えた「奇跡の会社」/「空気の泡」でプレゼンテーションをした/工場見学の最中に「大量発注」を即決した/こうして世界初の「ノート・パソコン」は生まれた/すでにある「要素」を組み合わせることで、イノベーションは生まれる

第8章 対 決
パソコンの「統一規格」をつくる/家庭用ビデオの「規格戦争」を見ながら考えた /あえて「敵」同士に売り込む/マイクロソフト・松下電器・ソニー/孫正義氏から「挑戦状」を叩きつけられた/孫さんと4時間くらい話し合った/「カシオの値下げ」で各社のMSXはほとんど死んだ/僕が失敗した「二つの理由」/失敗をしたから「本質」が見えた

第9章 未 完
ウィンドウズを生んだ「幻の名機」/マイクロソフトが抱えていた「ジレンマ」/「天才プログラマー」をスカウトした/僕はビル・ゲイツに「隠し球」の存在を打ち明けた/「西のアホがマウス1万個も注文しやがった」と責められた/スティーブ・ジョブスに「スカウト」された/遅々として進まない「ウィンドウズ」の開発/「絶望的な戦い」を強いられる/「零戦も3回つくり直した」/経営者に求められる「冷徹な判断」/僕が「ウィンドウズ」を愛してやまない理由

第10章 訣 別
ビル・ゲイツと過ごした「かけがえのない時間」/「暗雲」が徐々に立ち込める/ビルとの関係が傷ついた理由/「たいへんなお金持ちになれる。いい話だろ?」/「仲間を裏切るようなのは、息子じゃない」/ビル・ゲイツと大喧嘩をした/目の前が真っ暗だった/自分が丸ごと「否定」された気がした/過去に「執着」するから人は苦しむ/僕は「社内政治」でひねり潰された

第11章 瓦 解
「元気」とは、「元々」もっている「気」のことだ/失われた「20億円」をどう埋め合わせるか?/「自尊心」の回復こそが最大の課題だった/「君が社長になって、何か考えろ」/ビル・ゲイツに対抗するために、僕は「社長」になった/慎重派VS積極派/「利益がないやんか、アホ」/〝見栄っ張り〟の独り相撲/命がけの「巨額投資」/僕は「社長解任動議」を突きつけられた/僕は「金」のために生きていた/すべては〝逆回転〟を始めた

第12章 暴 落
「転換社債」が火を吹いて、僕は追い詰められた/トイレの窓から飛び降りて「死のう」と思った/1年間に181回も銀行に通った/財界の超大物に「裸で出直せ」と一喝される/ソフトウェア産業を育成するという「国策」/僕は「晒し者」になるしかなかった/日本という〝刺青〟を入れていただいた/「君が借金を返したら、銀行の商売はあがったりだよ」/「最高の師」に出会えた

第13章 ブラック
「会社更生法も考えといたほうがええんとちゃいますか?」/シュレッダーの音を聞きながら「決意」した/車の「仮免試験」を受けている心境だった/「お前のところの利益率は、定期預金の金利より低いぞ」/「ブラックしかゴールドになれない」という勘違い/夜中2〜3時まで会社でボーッとしていた/「君、1万人に動いてもらうには、どうしたらええと思う?」/「瞬発力」と「熟慮」のバランス/ふと「ああ、幸せだな」と思えるようになった/ビルとの「和解」が僕にもたらしたもの

第14章 造 反
僕は「帰る場所」を失った/リストラ成功の直後に起きた「造反」/「会社の交際費も、わしは自分の金を使う」/「バカな経営者を排除するのも仕事のうち」/「もっと広い心をもたないと君はダメになる」/「経営者としての器」とは?/「厳しい優しさ」と「優しい厳しさ」/三人寄れば文殊の知恵

第15章 屈 辱
三人の社長が誕生して、「経営」が失われた/痛恨だった「パソコン通信」からの撤退/インターネットへの「挑戦権」を失った/アメリカと日本の「実力差」を痛感させられた/最後は怖くなって、「半導体」から手を引いた/初代「週刊アスキー」の大失敗/新編集長に「頭がおかしい」と言われた/僕たちは「総力戦」で戦った/大川さんに「土下座」をして懇願した/「大川さんの奴隷になる」という決意表明/「屈辱の日々」の始まり

第16章 陥 落
「あんたも早よう凡才になってみたらどうや」/「僕に社長を辞めろということですか?」/社長の最後の仕事は、社長を辞めることである/僕はすべての「権限」を失った/昭和・平成を代表する事業家「大川功」/「特命担当」秘書役としての仕事/「50億円」を現金で寄付する男/あっという間に「10億円」を値切る交渉力/ビル・ゲイツに「説教」した男

第17章 撤 退
帝に仕える「占い師」/効率的経営VS創造的経営/「次世代ゲーム」戦争/〝負ける製品〟を予定通り出すことに意味があるか?/「セガで好きなことをやってみろ」/ハードウェアVSソフトウェア/「感動」のないプロジェクトが、成功するはずがない/対立・孤立・敗北/行くも地獄、戻るも地獄

第18章 負け犬
「わし、ガンなんや」/見たことのないような「心細そうな顔」/なんでも自分で決める「事業家魂」/生涯忘れることのできない「言葉」/「生まれるときも裸、死ぬときも裸」/「お金は使って初めて温かいものになる」/アスキー復帰への「望み」は完全に断たれた/僕が一番つらかったこと

終章 再 生
「俺は、負け犬じゃない」/「教える」ことは「学ぶ」こと/「世界でひとつだけのことをしている」という誇り/僕がMIT客員教授になった理由/MITでのキャリアを棒に振る/「大学の経営」について学んだ/敗北によって「闘志」に火がつく/リーマンショックで「新大学計画」は吹っ飛んだ/独創性を思いっきり発揮できる「場」を作る/「日本の技術力」を高めたい
 

詳細資料

  • 條碼:9784478108055
  • 規格:平裝 / 456頁 / 普通級 / 單色印刷

最近瀏覽商品

 

相關活動

  • Kanebo 玩轉美肌迎新年 驚喜好禮大方送
 

購物說明

到貨時間說明 

1.新刊預購:於預購期間內訂購,請參考商品頁的預計到貨日(此為首批商品到貨日期),若您於預購期間內訂購但逾期未到貨,則是因為您訂購時已超過首批到貨量,需再向日本加訂,到貨時間約是原預計到貨日後3~4週,如有特殊情況將在商品頁中說明,請讀者以博客來寄出的取貨通知信件為準。

2.既刊調貨:既刊商品為商品頁僅顯示上架日期無預計到貨日,訂購該類且無庫存之商品,在您完成訂單程序之後,調貨時間約7~14個工作日左右,但若台灣供應商已無庫存,需由日本再進口,則時間約需3~4週,如有特殊情況將在商品頁中說明,請讀者以博客來寄出的取貨通知信件為準。

 

退換貨說明 

請注意!下列商品購買後博客來不提供10天的猶豫期,請務必詳閱商品說明並再次確認確有購買該項商品之需求及意願時始下單購買,有任何疑問並請先聯繫博客來客服詢問: 
1.易於腐敗、保存期限較短或解約時即將逾期。
2.客製化之商品。
3.報紙、期刊或雜誌。
4.經消費者拆封之影音商品或電腦軟體。
5.下載版軟體、資訊及電子書。
6.涉及個人衛生,並經消費者拆封之商品,如:內衣褲、刮鬍刀…等。
7.藝文展覽票券、藝文表演票券。

非屬上列品項之商品均享有到貨十天的猶豫期﹝含例假日﹞。退回之商品必須於猶豫期內寄回。 

辦理退換貨時,商品必須是全新狀態與完整包裝(請注意保持商品本體、配件、贈品、保證書、原廠包裝及所有附隨文件或資料的完整性,切勿缺漏任何配件或損毀原廠外盒)。退回商品無法回復原狀者,恐將影響退貨權益或需負擔部分費用。 

訂購本商品前請務必詳閱商品退換貨原則